イタリア、アモーレ・ミオ!2018年

日本国内最大級のイタリアン・フェスティバル「イタリア・アモーレ・ミオ!」開催第3回目を記念し、2018年は東京(4月20日~22日)、名古屋(7月20日~22日)、大阪(11月2日~4日)の3都市がイタリア色に染まります。

オペラ、ジャズ、ロック、ポップの一流アーティストによるコンサートや、息を吞むパフォーマンス、有名人によるトークショー、参加型ゲーム、イタリア往復航空券などが当たる“Play and Fly to Italy”コンテスト、アートインスタレーション、著名なスピーカーによるワークショップ、そして厳選されたイタリア料理などの他、60人以上のVIPゲストを招き計6日間にわたりMade in Italyの素晴らしさを皆様にお届けします

 

東京、天王洲アイル(4月20日~22日)
“美を建てる”

何世紀にもわたり「美」はイタリアを表現する、最も直接的かつポピュラーな表現のひとつと知られています。東京の開催では、そんなイタリアと日本の創造性を表す最も主な芸術的表現のうちのひとつである「建築」にフォーカスを当てます。マッシミリアーノ・フクサス氏、手塚貴晴氏、山下保博氏、中永勇司氏などのこの分野における第一人者を招聘し、討論会やディベートを通して建築とデザインについてのビジョンを共有します。そしてポップアーティストによるパフォーマンス、世界トップのバーテンダーが作るカクテルもお楽しみに!

プログラム詳細は近日公開

OVERVIEW

(東京メイン野外ステージ)

 

名古屋テレビ塔&久屋大通公園(名古屋)(7月20日~22日)

名古屋テレビ塔とその周辺の久屋大通公園が初めてイタリア色に染まります。イタリアの最高級コンテンポラリージャズ、オペラ、有名人によるセッション、「カフェ・トリノ」でのイタリアンフードとドリンク、ビアガーデンでのイタリアンビール、そしてテレビ塔内に設けられる“Mezzaltezza” メッツァアルテッツァのテンポラリーショップではショッピングをお楽しみいただけます。

(名古屋テレビ塔)

 

グランフロント大阪(11月2日~4日)

3つの会場の中で最大面積の会場となる大阪では、まるで本物のイタリアのピアッツァ(広場)にいるかのような盛り上がりをもち、「イタリア・アモーレ・ミオ!」は幕を閉じます。ラウンジや、ショッピングエリア、クラシックと現代のアイテムが揃うコレクションの展示、そして中央ステージにイタリアからコンテンポラリーなポップやジャズアーティストをゲストとして招待し、ライブコンサートをお届けします。

(Osaka Grand Front)