Storie di passione italianaイタリアに恋しちゃう物語

オステ=亭主の本懐ここにありラ・マスカレータ

ヴェネツィアにおけるワイン界の大御所といえばこの人、マウロ・ロレンツォン Mauro Lorenzon。その独特の風貌とユニークなキャラクター、そしてなによりもゲストを楽しませる「オステ=亭主」としての才能は超一流。一度見たら忘れられない強烈なキャラクターは、イタリア・ワインの発展に大いに貢献してきた。

マウロがキャリアをスタートさせたのは1982年12月8日、イエーゾロのエノイテカ・カネーヴァ Enoiteca Canevaだった。昔の日本のガイドブックを見ると「カネーヴァのマウロ・ロレンツォン」と書かれていた時代もあったが、80年代からすでにその名はイタリアはもとより、遠く日本でも知られていたのだ。そのマウロがヴェネツィアに活動の場を移したのが2002年、「ラ・マスカレータ La Mscareta」のオーナーとなったのだ。実はマウロは、1994年の「ラ・マスカレータ」OPEN時にもワイン・コンサルティングとして関わっており「こうなるのも不思議な巡り合わせだった」と回想している。

現在はグラスワインでも最低24種類を日々揃え、可能かぎり「オステ」として自ら抜栓し、グラスにワインを注ぐ。現在ワインリストには約1000種類のワインが並ぶが全てグラス一杯でも飲むことができるのも特筆すべき点だろう。特にSanpagneriaとヴェネツィア弁でかかれたシャンパンコーナーは50種類を揃え、昔からシャンパーニュと牡蠣をヴェネツィアで提案してきたマウロならではのセレクトだ。さらにいうならばコーヒーならば40種類、クラフトジン140種類、トニックウォーター25種類揃えているのもすごい。

この夜はProsecco DOC協会公式プロセッコ(メーカー、糖度などは極秘)飲みつつバッカラ・マンテカートやヒシコイワシの酢漬けなどの前菜をつまみ、イカスミのスパゲッティを食べ始めた頃に遅れてマウロが登場した。この日は左腕を痛めていたようで三角巾がわりに派手なストールで腕を吊り下げていた。蝶ネクタイとベスト、そして原色ファッションというのがマウロのスタイルだ(どこかジョルジョ・ピンキオーリに似ている)。

「本当はサベラシオンを披露したいところだが左腕を怪我していて右手しか使えない。だからこうしましょう」とマウロが見せてくれたのはなんとコルクを口に加えた歯による抜栓!!いあわせたゲスト一同思わず「おぉ」という歓声が上がったのだがマウロは見事泡を吹かせることもなく、見事静かにそして美しく抜栓すると、片手でプロセッコを注いでくれたのだ。「オステ」の本領ここにあり。マウロの存在を見るだけでもこの店に来る価値がある。もちろん食事もそしてワインも、ヴェネツィア屈指の存在感を誇るだけに「ラ・マスカレータ」に寄らずしてヴェネツィアを味わいつくすことはできない。

Enoiteca La Mascareta エノイテカ・ラ・マスカレータ
www.ostemaurolorenzon.com/il-mio-locale
Calle lunga Santa Maria, Formosa, 5183 Venezia
Tel:041-5230744

 

記事:池田匡克