Storie di passione italianaイタリアに恋しちゃう物語

これは『 持続可能性 』『Slow-Making 』を掲げた、新しいイタリアンブランドと 日本の消費者のための「出会い」のプラットフォームです。

è una piattaforma d’incontro tra i nuovi brand italiani ed i nuovi consumatori giapponesi all’insegna della sostenibilità e dello slow-making.

VOICES FROM JAPAN
最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点 1875年に創業した北イタリア・トレヴィーゾの老舗レストラン「レ・ベッケリエ」といえばティラミス発祥の地として今や世界中に広く知れ渡っている。2007年に取材で初めてこの店を訪れた時は、当時の店主カルロ・カンペオールが直にティラミス誕生秘話を聞かせてくれたことがあった。それはカルロの祖母アントニエッタがよく作っていたドルチェであり、カルロ自身も幼い頃からよく口にしていた家庭の味。「わたしを引き上げて=元気付けて」という意味をこめ、ティラミスと命名したのもやはりアントニエッタだった。...

最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点 1875年に創業した北イタリア・トレヴィーゾの老舗レストラン「レ・ベッケリエ」といえばティラミス発祥の地として今や世界中に広く知れ渡っている。2007年に取材で初めてこの店を訪れた時は、当時の店主カルロ・カンペオールが直にティラミス誕生秘話を聞かせてくれたことがあった。それはカルロの祖母アントニエッタがよく作っていたドルチェであり、カルロ自身も幼い頃からよく口にしていた家庭の味。「わたしを引き上げて=元気付けて」という意味をこめ、ティラミスと命名したのもやはりアントニエッタだった。...

VOICES FROM ITALY
最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点 1875年に創業した北イタリア・トレヴィーゾの老舗レストラン「レ・ベッケリエ」といえばティラミス発祥の地として今や世界中に広く知れ渡っている。2007年に取材で初めてこの店を訪れた時は、当時の店主カルロ・カンペオールが直にティラミス誕生秘話を聞かせてくれたことがあった。それはカルロの祖母アントニエッタがよく作っていたドルチェであり、カルロ自身も幼い頃からよく口にしていた家庭の味。「わたしを引き上げて=元気付けて」という意味をこめ、ティラミスと命名したのもやはりアントニエッタだった。...

最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

最新グルメ情報25ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点

ティラミス発祥の地「レ・ベッケリエ」の現在地点 1875年に創業した北イタリア・トレヴィーゾの老舗レストラン「レ・ベッケリエ」といえばティラミス発祥の地として今や世界中に広く知れ渡っている。2007年に取材で初めてこの店を訪れた時は、当時の店主カルロ・カンペオールが直にティラミス誕生秘話を聞かせてくれたことがあった。それはカルロの祖母アントニエッタがよく作っていたドルチェであり、カルロ自身も幼い頃からよく口にしていた家庭の味。「わたしを引き上げて=元気付けて」という意味をこめ、ティラミスと命名したのもやはりアントニエッタだった。...

海辺に戯れる二人の女神。

by | 5月 20, 2021 | Voices from Italy - jp | 0 Comments

磯村勇斗と過ごす、ありのままの私。

by | 5月 20, 2021 | Voices from Italy - jp | 0 Comments

眩い夏の旅へと誘う、ロロ・ピアーナのモダニティ。

by | 5月 20, 2021 | Voices from Italy - jp | 0 Comments

サステナブルなファッション、成功のために必要なこと。

by | 5月 20, 2021 | Voices from Italy - jp | 0 Comments

ファッション業界は、世界の温室効果ガス排出量の約10%を生み出しています。 この責任からも、気候変動との戦いにおいて基本的な役割を果たす必要があります。(ガス排出量は国際航空運航や船のそれを上回る) 今日、生産における持続可能性の尊重は大企業から小規模生産者まで、この業界の事業者にとって一つの信条となっています。...