Storie di passione italianaイタリアに恋しちゃう物語

ファッション業界は、世界の温室効果ガス排出量の約10%を生み出しています。
この責任からも、気候変動との戦いにおいて基本的な役割を果たす必要があります。(ガス排出量は国際航空運航や船のそれを上回る)

今日、生産における持続可能性の尊重は大企業から小規模生産者まで、この業界の事業者にとって一つの信条となっています。

若い消費者は持続可能性を当然のことと考え、企業やブランドにその責任を要求し、スマートラベルを通じて、または多くの場合ブロックチェーンを使用して、そのデモンストレーションと認証を求めているため、持続可能なファッションは誰もが関心を持つトレンドです。

今やサステナブルファッションは全ての人を巻き込んだトレンドと化しました。特に若い世代のエンドユーザーは持続可能性を当然のことと考え、スマートラベルやブロックチェーンを利用して、企業やブランドに対してその責任を果たしているか、一定の認定証を得ているかを要求します。

化学製品の使用を規制し、サプライチェーンによる環境への影響を減らすことは、国立イタリアファッション会議所によって作成されたレポートに掲載されている新しいガイドラインです。この団体はイタリアのファッションの発展を促進し、世界でそのイメージを保護することを目指しており、230のブランド、114の会員が加入しており、ファッション業界全体の売上高の50%以上を占めています。

国立イタリアファッション会議所は、サステナビリティマニフェストにより2012年に公式に発表された、サプライチェーン全体のサステナビリティに向けた根本的な変革と進化のために長年戦ってきました。

「適正製造基準レポート」に掲載された新しいガイドラインでは、サプライチェーンでの化学物質の使用を規制する方法を説明しています。目標は、企業が最先端の持続可能性要件に準拠した高品質の製品を生産できるようにする基準と管理を実装できるようにすることです。

多くの高級ブランドはすでに自分たちの意思を宣言して動き始めました。今後10年間で、このコミットメントを維持し、持続可能で収益性の高いビジネスという長期的な目標を達成できるかどうかを確認します。モデルのスタイルを変更するだけでは不十分です。2030年に成功したいブランドは、今日、自分自身を深く再考し始める必要があるのです。