Storie di passione italianaイタリアに恋しちゃう物語

1000 Miglia

 クルマが大好きな人たちの国イタリアには伝統的なカーイベントがたくさんあります。コモ湖で行われるコンクール・デレガンスもそうですし、プレシアからローマに行ってグルっと回って戻ってくるミッレミリアもそうです。シチリア島で行われるタルガフローリオも。これらは日本でもクルマ好きの人の間では有名です。多くの方がいつか参加してみたいと思っていらっしゃることでしょう。
 個人的に一番興味あるのはミッレミリアです。ミッレミリアとは“千”を表すイタリア語の“ミッレ”とマイルの“ミリア”をつなげたもの。要するに“1000マイル”走るイベントってことです。わかりやすい!

 ミッレミリアはかつて公道を使ったスピードレースでした。1950年頃はフェラーリやポルシェ、ジャガーも参戦していたほどです。ですが、1957年に観客を巻き込む大事故が発生し中止に。その後は20年の時を経てクラシックカーレースとして蘇りました。ただ、クラシックカーだから安全ってことはありません。そもそもレース好きの方々の集まりですから、かなり飛ばすようで。動画を観てもそうですが、参加した友人からも相当な迫力だと聞いています。4日間かけて1000マイル、つまり1600キロ走るんですから大変。途中コースを間違えたり、クルマの調子が悪くなったら夕方までにその日のゴールに着けません。夜中にゴールしてほとんど寝る間もなく翌朝スタートなんてケースも少なくないとか。
 そこまでハードではありませんが、日本にもクラシックカーの愛好家を集めた公道ラリーは行われています。しかもかなりの数。ただ、スピードを競わずにクルマを使ったゲームで勝負するのがメインとなります。決められた距離を決められた秒数で走るんです。例えば30mを25秒で、というように。それを一日に何十本もあるのですが、100分の一秒単位で争います。なので、皆さんこの上なく真剣。けっこう熱くなるんですよね。こういうの。僕も2007年からこうしたラリーイベントに参加しています。クラシックカーに乗って。
イタリア発祥のこうしたイベントは実に楽しいですよね。皆さんもぜひどうぞご参加くださいませ。


記事:九島辰也