Storie di passione italianaイタリアに恋しちゃう物語

マセラティ マルチ70号

 マセラティがスポーツヨットのスポンサーをしているのをご存知でしょうか。“マセラティ マルチ70号”と呼ばれる70フィートのトリマランです。
 トリマランとは日本語でいう三胴船のことで、ダブルアウトリガーなんて呼び名もあります。要するに、3つの船体を横に繋げ帆で走らせます。たまにカタマランって言葉聞きませんか? そちらは2つの船体で、ヨットやボードでもメジャーです。マリーナに行く機会があればちょっと探してみてください。「あ、これかぁ」となるに違いありません。
 そんなトリマランの大型ヨットをなぜサポートしているかというと、ヨーロッパではマセラティの購買層とヨットやボードの所有者はリンクしているからです。ヨットレースがメジャーな土地だけに、親和性は高いと言っていいでしょう。
 この大型ヨットにかつて乗せてもらったことがあります。確か香港にゴールした後沖縄に着港、それを取材させていただきました。けっこう大掛かりなレースだったと思います。その夜船長のジョバンニ・ソルディーニ氏と食事を同席させていただきましたが、気さくなヨットマンだったのを記憶しています。

 で、今回飛び込んできたニュースによると、その幌に今年11月発売になるであろうニューモデルの名前が書かれているそうです。その名はグレカーレ(Grecale)、地中海に吹く北東の強い風のことです。ヨットの帆にはピッタリの名前ですね。意味を知ればよりしっくりくる。
 以前も書いたかもしれませんが、マセラティのモデル名には風の名前がたくさんあります。ミストラル、ギブリ、ボーラ、メラク、カムシンなどです。レヴァンテもそう。どんな種類の風かはご自身でお調べください。
 グレカーレについてはまだ詳細は分かりませんが、コンパクトSUVだそうです。ライバルはポルシェ・マカンあたり。世界的にもボリュームゾーンだけにかなり攻めてくるでしょうね。一説には同じグループのアルファロメオ・ステルヴィオと兄弟車だとか。それにマラセティのオリジナルエンジンが載る模様。なんか凄そう。早くそのお姿を拝見したいですね。

 


記事:九島辰也